オールインワンゲルはポンプタイプがおすすめ

オールインワンゲルを選ぶ際のポイントとして 容器の形状で選ぶという方法があります。

ゲルが入っている容器も メーカーによってさまざまですが、フタを回して開けるジャータイプのもの、そして容器の一部を押して中身を取り出すポンプタイプのものとに大別できます。

ジャータイプもポンプタイプもメリット・デメリットがありますが、ポンプタイプのほうが使い勝手が便利でおすすめです。

オールインワンゲルはなぜポンプタイプがおすすめ?

オールインワンゲルは 従来のジャータイプですと 指でゲルをすくう、あるいはスパチュラという小さいスプーンのようなものを使って取り出すことになります。

指でそのままゲルを取り出すとなると衛生的ではありませんし、スパチュラは使うたびに清潔に保つ必要が出て手間が増えてしまいます。

また、ジャータイプは 容器を開けた際に ほこりなども入りやすいので注意が必要です。

その点 ポンプタイプのオールインワンゲルでしたら 容器を押すだけでゲルを衛生的に摂り出すことができます。

ですのでスパチュラなどを使うのが面倒、お肌につけるものは衛生的に使いたいという方に ポンプタイプのオールインワンゲルが人気が出ているのです。

もし、似たような価格、似たような効果が期待できるオールインワンゲルということでしたら ポンプタイプのほうが使い勝手の良い点でおすすめできます。

ポンプタイプ容器も形状はさまざま

ポンプ式のオールインワンゲルと一口に言っても、様々なタイプのものがあります。

据え置き型タイプで シャンプーなどのようにプッシュ部分を押すと出てくるポンプタイプもあれば、持ち運びでいるスマートなボトルのポンプタイプのオールインワンゲルもあります。

また、容器に空気が入りにくく酸化しにくい工夫がされているオールインワンゲルもあります。

どのポンプタイプが一番のオールインワンゲルか、となると まずはあなたのお肌に合っているかどうかがキーとなります。

その上で 効果が実感しやすいもの、続けやすい価格のものに絞るようにしてみましょう。

ポンプタイプのオールインワンゲルは、返金保証付きで通信販売されているものが多くなっています。

いくつか使い比べてみて よりぴったり合っているものを使うようにしましょう。

ポンプタイプのオールインワンゲルのデメリット

メリットが多いポンプタイプのオールインワンゲルですが、デメリットもあります。

それは、ゲルを最後まで使い切るのが難しい場合がある、という点です。

ポンプ容器の形状にもよりますが、最後の1回分ほどは容器を開けてスプーンなどで取り出す必要がある場合があります。

毎日気軽に容器を押すだけで使えるメリットに比べると さほど手間にはならないと思います。

参考にしてみて下さいね。

コメントの入力は終了しました。