敏感肌・超敏感肌の方向けファンデーション

敏感肌の方は メイクが負担になりやすいためファンデーションを使うのを控えるということもあると思います。

特に超敏感肌の方は ファンデーションは使わずに過ごしているということもあるでしょう。

ファンデーションはお肌をキレイに見せるためだけでなく、紫外線などからお肌を守ってくれる役割もあります。

敏感肌・超敏感肌向けファンデーションを活用するポイント

敏感肌や超敏感肌の方でも お肌に刺激になりにくく使いやすいと評判のファンデーションも増えています。

上手に活用するためのポイントをご紹介しましょう。

敏感肌・超敏感肌の方は美容液入りファンデーションがおすすめ

敏感肌や超敏感肌の方で お肌に刺激になりやすい、お肌が乾燥しやすいという方は美容液入りのリキッドファンデーションがおすすめです。

超敏感肌ならリキッドタイプは避けるべき、という説もありますが、それは一般的なリキッドファンデーションに石油系の界面活性剤が使われているものが多いため。

美容液入りで無添加のリキッドファンデーションでしたら お肌により優しく、そして刺激になりにくく使えます。

また下地不要、UVカット機能付きのファンデーションもありますので より手軽に使えます

美容液入りですので メイクを落とした後もお肌が疲れにくい、という声も多くなっています。

最近では 美容液入りファンデーションでも リキッドだけでなくパウダータイプのものも発売されています。

パウダータイプは仕上がり感がマットになるという以外 お肌への優しさは変わりません。

敏感肌・超敏感肌とミネラルファンデーション

敏感肌や超敏感肌の方の間で ミネラルファンデーションが話題になっています。

ミネラルファンデーションは原料が天然のミネラルで、石油系の界面活性剤などは使われていません。

また、原則として洗顔料だけで落とせるものが大半ですので 超敏感肌の方もより手軽に使えるファンデーションとして注目を集めています。

ですが ひとくちにミネラルファンデーションといってもメーカーによってカバー力や色味などがさまざまです。

また、お肌に優しいぶん しっかりメイクをしたいという時には少し物足りなさを感じる方もいるようです。

メーカーごとに専用のブラシも販売していますが、こちらが必ずしもお肌にフィットするというわけでないという点に注意しましょう。

ブラシ付きのトライアルセットなども発売されていますので、こういったものを使ってよく確認してから使うことをおすすめします。

敏感肌・超敏感肌の方は無添加のファンデーションを

敏感肌、超敏感肌の方にとって刺激となりやすいものが 様々な添加物。

その中でも 避けたいのが石油系の界面活性剤などの添加物です。

このような添加物は お肌にとって負担となりやすく刺激や赤みの原因になるので注意が必要です。

また、石油系の防腐剤、香料なども無添加のファンデーションのものを選ぶようにしましょう。

ファンデーションを使う際には必ずパッチテストを

敏感肌・超敏感肌の方は 新しくファンデーションを使う際には パッチテストを行うようにしましょう。

パッチテストというのは、腕の内側に ファンデーションを少量つけて刺激などにならないか様子を見るという方法です。

このパッチテストは およそ24時間かけて行うのがベター。

夜にシャワーやお風呂をすませたらパッチテストを開始して 翌日夜の入浴前まで、というように行ってみましょう。

これで何も刺激にならなければ 次はお顔にのせてみて様子を見るようにしましょう。

ブラシやスポンジにも注意しましょう

敏感肌や超敏感肌の方で お肌に優しいファンデーションを使う際には ブラシやスポンジにも注意が必要です。

ブラシは 穂先がお肌に当たって刺激となることがあります。

お肌に優しくフィットするような作りのブラシを使うようにしましょう。

また、スポンジも あまりお肌に強く押し当てて使うと 肌にとっては摩擦という刺激になってしまいます。

ざらざらとしたスポンジを使うのは避ける、ファンデーションをお肌の上にやさしくすべらすように使うようにしましょう。

また、ブラシやスポンジは 衛生的に保つように気を付けましょう。

定期的に買い替えるようにするのがおすすめです。

超敏感肌かと思ったらアトピーという場合も

生活習慣やストレスなどで成人後もアトピーを発症したり、症状が重く出るという方が増えています。

ファンデや基礎化粧品が合わなくなってきた、という方は アトピーの可能性もあります。

スキンケア製品も 石油系添加物が使われていないものを選ぶ、セラミド主体の保湿剤を使うなどして対策してゆきましょう。

また、気になる点があればお医者様に相談することをおすすめします。