脱毛と乾燥肌のケア

脱毛と乾燥肌のケアには深い関係があります。

脱毛を行うことによって、乾燥肌の度合いが進んでしまうことがあります。

脱毛方法にもよりますが、カミソリで剃ったり除毛クリームを使ったりすることによって、お肌の皮脂膜や角質層も一緒に取り除かれてしまいます。

そのため、肌が保っている水分がそこから蒸発してしまうのです。

そうならないためにも、カミソリや除毛クリームを使用した場合には、ボディローションやクリームなどで十分な保湿をすることが大切です。

特に角質層を取り除くことによって、肌のターンオーバーのサイクルも乱れてしまいます。

これも肌から水分を奪う原因になります。

カミソリや除毛クリームを使わないようにするために、永久脱毛の施術を受けるというのも一つの方法です。

脱毛による肌の乾燥を防ぐためには

乾燥肌が進むのは、肌にダメージを与える脱毛方法を繰り返し行うからなのです。

レーザーによる永久脱毛は肌を直接こするわけではありませんので、自己流の脱毛方法に比べると肌へのダメージを軽減することができます。

そして皮膚科でレーザー脱毛の施術を受けると、自己流の脱毛は原則不要となります。

医師の診察の元で脱毛の施術を受けるので肌に優しく、乾燥肌の方の場合どのようなケアを施すべきなのか、ということも教えてもらえます。

家庭用の脱毛器を使用するのも、カミソリなどに比べると肌へのダメージが少ないといえます。

ただし、脱毛器は皮膚にある毛根にダメージを与えムダ毛をなくすという仕組みになっています。

毛根にダメージを与えることによって、毛穴にある汗腺や皮脂腺の機能が奪われる場合があります。

そのため、肌を乾燥から守る皮脂の分泌が少なくなる場合があり、結果として余計に肌の乾燥が進んでしまいます。

脱毛器を使用したら、クリームを使ってこまめにしっかりと潤いを補給しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。