かかとのケアの仕方

かかとがかさつきやすいのは、皮脂の分泌が他の部分に比べて少ないからです。

ですから、かかとのケアをするときには保湿が重要なポイントとなります。

かかとケア用のクリームがありますので、それをこまめに塗ることで、かかとのかさつきを解消することができます。

また、かかとのケアとしてかかとマッサージもおすすめです。

かかとは体の先端にあるために血行が良くありません。

血行が悪いということは必要な栄養分が運ばれてきませんし老廃物のように不要なものも溜まりやすくなっています。

かかとケアのためのクリームを塗る際には、血行が良くなるようにマッサージをすると良いでしょう。

かかとにも角質ケアを

背中ニキビ

顔などのお肌のケアを毎日するのと同様に、かかとのケアも毎日継続して行なうべきです。

というのは、かかとがかさつくというのは角質が溜まってしまうからです。

この角質が溜まらないように、余分なものは 日々落としていかなければなりません。

そうすることによってかかとの新陳代謝が向上しますので、常にすべすべのかかとをキープできるのです。

古い細胞がお肌の再生周期によって勝手にはがれ落ちるようになるからです。

かかとの角質はかさつきの原因ですが、放置しておくことによってひび割れにもつながります。

さらに臭いの原因にもなります。

かかとの角質は柔らかくすることによってはがすことができます。

そのためのケア用品も市販されています。

足の角質専用のケミカルピーリング剤などもあります。

他にも かかと専用のクリームやグッズなども、続々登場してきています。

古い細胞をはがすタイプのケアをしたら、その後にはしっかりと保湿ケアをすることをお忘れなく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。