かかとの角質ケア

かかとはあまり人前に出す部分ではありませんが、ふとしたときに人の目に留まりやすい箇所でもあります。

かかとに角質が溜まることによって、がさがさのかかとになってしまいます。

長年ケアをしていないと、かなり厚い層となってしまっていて真っ白になってしまい、さらにひびが入ってしまっていることもあります。

これは古くなった角質がそのままずっと蓄積されているからです。

ですから、まずはその角質を柔らかくして落とすことが必要となります。

角質はかなり固くなっていますが、やすりのようなものでこするのはお肌にとってダメージとなります。

よく、入浴中に軽石を使う方がいらっしゃいます。

それはいいのですがあまりこすりすぎると、今度は皮膚を傷つけてしまうことになります。

柔らかくして優しく洗い流すことで角質は除去できます。

そして角質を洗い流した後には、保湿のためのクリームをつけます。

ハイヒールが かかとの角質を増やす?

かかとのひび割れのケア

角質が溜まりやすいのは、その部分が乾燥しているからです。

かかとの角質ができやすい人というのはよくハイヒールを履く人です。

ですから、かかとの角質が溜まるのを防ぐためにはなるべくハイヒールを履かずに、スニーカーやローファーを履くようにします。

かかとに角質が溜まると、見た目が綺麗ではないだけではなく さまざまな弊害が生じます。

まずは臭いです。

古い角質が溜まっているわけですから 臭くなることがあります。

ただ角質が臭うようになるだけではなく、角質に住み着いたばい菌などの臭いがするようになるのです。

そして、かかとの角質はストッキングにひっかかりやすいため、すぐに破れてしまいます。

かかとの角質が溜まっておらずつるつるのかかとをキープできれば、サンダルや裸足で歩くのも怖くありませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。