背中ニキビのケア方法

背中ニキビのケアに効果がある化粧品が市販されています。

その中でも最もよく利用されているのが、背中やボディのニキビ用のローションです。

このようなボディローションの多くは油が使われていませんので、背中に余分が皮脂や汚れが溜まるのを防いで、清潔さを保つことができます。

また、背中がべたつくのを防ぐ効果を持つものもあります。

背中はなかなか手きにくいので、お手入れが難しい場所ですよね。

でも、ローションをスプレーにつめかえるなどしてつけやすく工夫をすると便利です。

最近では あらかじめスプレーに入っているものや、さらにボトルを逆さまにしても使うことができるものもあり、便利です。

背中のケアで気をつけたいこと

背中ニキビのケアは、お風呂上がりに行うのがベストです。

汗や汚れを落とした後にローションをつけることでより効果が上がります。
背中ニキビのケアは、ニキビができてからだけではなくできないように予防することも大切です。

背中ニキビを予防するためにも清潔にしたあとは化粧水でのケアをおすすめします。

使い心地がさっぱりしていて、毛穴が引き締まるようなローションを使うと、さらさらして気持ちも良いものです。

背中ニキビの治療や予防をするには、背中を丁寧に洗うことも大事です。

でも固いスポンジでこすってしまうとニキビがつぶれて悪化してしまうこともありますし、つぶれた部分からばい菌が入りそこから化膿してしまう可能性があります。

それが後にはニキビ跡として残ることになりますので、ニキビを傷つけないように注意をしながら洗います。

ニキビができている部分を優しく洗うことができるような素材のタオルや
スポンジをよく吟味して選んで、利用すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。