手のしみ対策

手のしみには、顔のシミと同じケア効果的です。

お肌の状態が健康であれば、お肌の奥にできたメラニン色素は新陳代謝により表面に達し、そのまま排出されます。

しかし代謝が悪いとこれがうまくいかず、そのまま 手の表面に、しみとして残ってしまいます。

手の皮膚の状態を健康に保つためにも、しみが気になる部分には、お顔と同様に 美白用の化粧水や美容液などでケアをしていきましょう。

そして、日差しが強い場所に行く場合にはUVカット効果のある化粧下地などを手にしっかり塗って、UV対策をしましょう。

手のしみをなくす生活習慣

手のしみ対策

手のしみをなくすためには、顔のしみ対策と同様に食生活にも気を配りましょう。

特に食事は栄養バランスが整った内容となるように心がけましょう。

特にしみに効果がある栄養素として、ビタミンCがあります。

野菜や果物にたっぷり含まれていますので、食事の度に摂取するようにします。

もちろん手のしみに限らず、顔や体のしみにも効果的です。

そして、紫外線をこれ以上浴びないようにして手のしみを増やさないようにすることも大事です。

外出するときには夏でも手袋をするようにします。

特に車や自転車を運転する機会が多い方は 手だけでなく、腕のしみにも注意しましょう。

日焼け防止のための綿でできた手袋が市販されていますので、それを利用すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。