冬の肌のくすみ対策

冬場に気になるのがお肌のくすみ。

冬に肌のくすみが気になりやすい理由と 今日からはじめられるくすみ対策をご紹介しています。

寒さが日一日と深まる時期になると肌のくすみが気になるという方もいらっしゃると思います。

くすみだけでなくポツポツとした薄いシミも出やすいのが秋から冬にかけての時期。

なぜこの時期にくすみやすいのでしょうか?

冬場のくすみは肌乾燥が原因

冬にかけて肌ぐすみが気になる方の 大きな理由の一つがお肌の乾燥です。

冬というとどうしても空気が乾燥する時期。

気を付けて保湿をしているつもりでも お肌の内側はカラカラで乾燥しきっているということも。

お肌は乾燥することで 代謝のサイクルが乱れ、古い角質が残るようになります。

このお肌に残った角質、くすんでみえる原因になるだけでなく、美容液などが浸透しにくくなる要因にもなります。

ですので 思うようなお手入れがしにくくなるという悪循環になりやすいのですね。

また、私たちのお肌には 紫外線の影響でメラニン色素ができても、お肌の代謝のタイミングで剥がれ落ちる仕組みがあります。

ポツっとしたシミが出来ても 気が付いたら気にならなくなっていた、という経験はありませんか?

それは 肌代謝が順調な証拠。

逆に、薄いシミが出来たと思ったら ずっと残ってしまうという方は 乾燥などにより肌代謝が滞っている証拠です。

お肌全体に 薄いメラニン色素が残っている状態ですと これもくすみとして気になりやすくなります。

ですので まずは しっかりと 保湿ケアをするようにしましょう。

今までの倍くらいの気持ちで保湿ケアをしてゆきましょう。

冬場のくすみ対策にはスキンケアの見直しも

この冬場の肌ぐすみ対策には スキンケア方法の見直しもしたいところです。

お肌の代謝サイクルをスムーズにさせるためにも保湿がまず第一。

そして クレンジングや洗顔で お肌に負担をかけていないかも見直しましょう。

思った以上に皮脂を取り除くようなケアをしている場合、肌の乾燥を加速させてしまいます。

お肌に優しく汚れを落とすクレンジングや洗顔料を使うようにしましょう。

冬場の冷え対策でくすみケア

秋から冬にかけては 冷えが気になる方にとっては何かとツライ時期ですね。

寒い時期に 血色が悪いとよく言われる方は くすみやすいので注意が必要です。

というのも お肌のための栄養素は血流にのって 体のすみずみまで運ばれています。

ですのでイキイキとしたお肌に必要な栄養素が十分に運ばれるためには めぐりもケアしないといけません。

水分補給の際には冷たいものを避ける、食事も体を冷やない献立にするようにしましょう。

例えば お野菜にしても冷たいサラダよりも温野菜がおすすめです。

そして できるだけ湯船につかるなどして 体をゆったりと温めてリラックスするようにしましょう。

体のめぐり対策は すぐに成果が実感しにくいものがありますが、まずは少しづつ毎日心がけてゆくことが重要です。

お肌のくすみ対策をしながら めぐりのケアもしてくれる女性用のお薬なども発売されています。

もう少し 手ごたえを実感したい、という方は このようなお薬も活用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする