乾燥肌のクレンジング

乾燥肌の場合は、できるだけお肌への刺激を避けることが大切になります。

クレンジング剤の中にも刺激が強いものがありますので、そういったものを使わないようにし、自分のお肌に合ったものを探します。

クレンジング剤は、メイクを落とすほどの洗浄力があるので、そもそも石鹸や洗顔料に比べると刺激が強くなっています。

その中には乾燥肌や敏感肌の方のために、なるべく刺激物を抑えている商品がありまので、そういったタイプのものを選ぶようにしましょう。

クレンジングの上手な選び方

メイクを落とすクレンジング剤には、油が含まれています。

これは、メイクが油でできていて、それを落とすには油をなじませなければならないからです。

油によってメイクの汚れを浮き上がらせるというのがクレンジングの仕組みです。

クレンジング剤によっては 洗い流すもの、コットンでふきとるもの、ダブル洗顔が必要なもの、不要なものとありますので、使い方を間違えないようにしましょう。

クレンジングですが、水と油は従来混ざり合わないものですから、それをつなぐ何かが必要となります。

乾燥肌のクレンジング

それが界面活性剤です。

界面活性剤の中には石油からできているものもあります。

これを合成界面活性剤と呼んでいます。

これは、お肌に浸透してそこにとどまり、長い間にわたって蓄積されてしまいます。

それによってお肌の細胞を壊してしまうために、乾燥肌がさらに悪化してしまいます。

ですから、合成界面活性剤がなるべく少ないクレンジング剤を選びます。

クレンジング剤はいろいろなタイプのものがありますが、オイルタイプのものは油分が多いためにメイクを しっかり落とすことができます。

しかし、合成界面活性剤もその分多く含まれていますので、乾燥肌を余計に悪化させる可能性があります。

また、泡のタイプのものやコットンにつけてふき取るタイプのものがありますが、これらも合成界面活性剤が多く使われていたり、こすって落とすことでお肌を傷つけがちなので、気をつけましょう。

総合的にみると、クリーム状になっている、洗い流すタイプのものが乾燥肌の方に適しているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。