乾燥肌の洗顔方法

乾燥肌の洗顔方法

乾燥肌の場合は、正しい洗顔方法でないと余計にお肌が乾燥することになってしまいます。

洗顔方法が間違っているために、洗顔後にお肌がつっぱってしまい、そこに化粧水をつけ、そのため余計にお肌が乾燥してしまう、という悪循環を繰り返している方もいらっしゃることでしょう。

まず大切なのは、洗顔するときのお湯の温度です。

乾燥がひどくひりひりする場合には、お湯ではなく水で洗顔するようにします。

顔が粉をふき、角質がぼろぼろはがれ落ちるくらの乾燥肌の場合には、必ず熱すぎないぬるま湯を使わないといけません。

お肌のぱさつきを感じるくらいの乾燥の程度であれば、やや熱めのぬるま湯でも大丈夫ですが、とにかく熱すぎるお湯で洗顔しないように、十分気をつけるようにしましょう。

洗顔するときに、乾燥している部分を指で直接こすりすぎてしまうと角質層を傷つけ、お肌が本来持っている水分を保持する力を余計に奪ってしまうことになります。

洗顔料選びも乾燥肌対策のポイント

洗顔する際に洗顔料を使うのであれば、よく泡立ててから洗います。

でも、こすらなくても、泡によって皮膚表面の汚れは十分落とすことができるのです。

特に目元、口元、頬に関しては注意が必要です。

額や鼻など皮脂の分泌が多い箇所を洗うときには、それほど気にすることはありません。

乾燥肌の方は、洗顔料を使わずに洗うことで余分な皮脂をお肌から落とさずに済みます。

しかしどうしても洗顔料を使って洗うのであれば、保湿成分が入った洗顔石鹸、あるいは洗いあがりにしっとり感がある洗顔料を使うようにします。

乾燥肌の場合、洗顔石鹸選びは非常に重要なポイントとなります。

皮脂を過剰に奪ってしまうことがにないようなものを選びます。

そして、コラーゲンやヒアルロン酸など、お肌が水分を保つことができる美容成分を含んでいるものが最適です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。