毛穴をひきしめよう

毛穴を引き締めるには、保湿による水分補給がとても大切です。

洗顔後の肌は、水分を失っているため、油分を通常よりも多量に排出する働きがあります。

この時、何もせずに放っておくと、肌はつっぱり始めて油分を大量に出すので、肌表面に埃などが付きやすくなり、毛穴に溜まってにきびなどの原因になってしまいます。

肌がつっぱっている状態は、ハリがあってピンと張っている肌ではなく、毛穴の周りの肌細胞が乾燥して小さくなっているのです。

引き締め

洗顔直後の肌を鏡で見ると、毛穴は目立たず綺麗に塞がっているように見えます。

というのも、洗顔直後は、洗顔による水=外からの水分補給が多いので、とても潤っているように見えるためです。

ですが、タオルなどでその水分を拭き取ると、保湿水分は急激に下がり、皮脂のバリアも洗い流されているので、肌は一気に乾燥していきます。

この時に、保湿化粧水などで水分を与える事で、毛穴はしっかり閉じてくれますので、洗顔後は ただちに水分を肌に入れ、毛穴を閉じるようにしましょう。

顔のTゾーンの毛穴は、皮脂線が多いので皮脂毛穴とも呼ばれます。

この部分は重力によるたるんでしまった毛穴とは形状が異なりますので、皮脂毛穴が目立つ場合は、皮脂の分泌を抑えるよう。

日常でこまめに水分を与えるようにしましょう。

また、前髪がある方は、ファンデーションを塗る時に、前髪で隠れるので額部分に塗らないようにするなど、皮脂の分泌を抑えるケアをしていくのが大切です。

ファンデーションは埃や古い角質と混ざると、黒い毛穴(黒ずみ毛穴と呼ばれます)となりますので、ファンデーションの厚塗りや二度塗りをせず、クレンジングを丁寧に行うようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。