毛穴の皮脂つまりケア

毛穴の皮脂つまりケア

鏡でお肌を見た時、鼻の脇などの毛穴に何かが詰まっているように見える事などありませんか。

指で挟んだり、毛抜きで先をつまんでみると、白いものが取れる事があります。

この、白いものは毛穴に詰まっている皮脂なのですが、これを面白がって何度も取ったり、無理に押し出したりしてはいけません。

一時的には顔の皮脂は取れている状態になりますが、毛穴を無理に開いて中にある皮脂を取っているため、毛穴が傷付いていき、毛穴の出口が広がったままになってしまいます。

毛穴の出口が広がったままの状態だと、肌は新たに皮脂を作り出そうとスピードを早める為、皮脂はさらに溜まりやすくなってきます。

また、無理に開いた毛穴が大きく広がっているために、埃などを入り易くし、古い角質が毛穴に溜まりやすくなり、これらが混ざると黒い毛穴となってしまいます。

角質をケアして毛穴のつまりを解消

毛穴が詰まっているのを無理に取らず、自然にケアしていくには、まずは角質をしっかりケアする事が重要です。

角質は、死んだ上皮細胞が硬くなって肌表面に出来るもので、肌を保護する役割を持ちます。

肌のターンオーバーを重ねる毎に角質も生まれ変わり、古い角質は垢となって剥がれ落ちます。

この古い角質が、洗顔などで落としきれずに毛穴に溜まり積もっていると、
皮脂が出ずに毛穴に詰まっている状態になるのです。

毛穴の詰まりには、この古い角質を除去するケアから始めるのが良いでしょう。

角質ケアは、ピーリングで角質を除去する方法が一般的です。

ピーリングは、お肌の状態などにより合わない場合もありますので、いくつか使ってみて どれも いまひとつ合わない、あるいはお肌で不安があるといった場合にはクリニックで相談することをおすすめします。

また、過剰なピーリングは肌に負担をかけますので、使用回数などは守りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。