秋のお肌に必要なケアとは?

日差しが強かった夏が過ぎいよいよ秋本番!

夏と秋とではお肌の状態も変わってきます。

秋に関わらず季節の変わり目は、お肌のトラブルで悩む方も多いのではないでしょうか。

秋になると日中は気温が高くとも真夏に比べると過ごしやすくなり、
朝晩は肌寒く感じる日さえあります。

ダラダラ汗やお肌のベタ付きは少なくなりますが、夏に浴びた紫外線・日焼けが、秋頃からじわじわと影響しはじめるのです。

年中お肌のケアをしっかりしている人もいれば、気になる時に集中してケアしている人もいるでしょう。

紫外線を浴びたお肌のケア・夏以上に秋の肌ケアはしっかりとしたいものです。

夏が過ぎ秋から冬にかけては普通肌の人でもお肌が乾燥しがち。

乾燥肌の人は更に乾燥肌にならないよう注意が必要です。

秋になって出てくるお肌のトラブル対策

夏に浴びた紫外線が原因となって、秋のお肌は乾燥を始め様々なトラブルが出やすくなります。

例えば日焼けなど紫外線からシミができやすくなったり乾燥しがちになったりなど個人差はありますが、 お肌トラブルの悩みの種となってしましまいます。

対策としては保湿をたっぷりすることです。

気になる部分には化粧水や美容液をしっかり重ね塗りしましょう。

そして洗顔も丁寧に行いましょう。

洗顔はしっかりと泡立てて力を入れずになでるように洗顔します。

拭き取りの際もタオルで抑えるようにして水気を取ります。

その後、化粧水をたっぷりと付けしっかりと保湿をして下さい。

食事も偏った食事でなくビタミンが豊富な果物や野菜などもしっかりと摂り、バランスよい食事を心がけたいものです。

また、半身浴などで体をしっかり内側から温める、そしてゆったりとした気分で睡眠をとるように心がけることも お肌のケアに効果があります。

秋口は、真夏以上に気をつけながらお肌をケアしてゆきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。