冬の唇ケア対策

冬になると乾燥から唇がカサカサしてしまい 男女問わずリップクリームが必需品と言われる方も多いことでしょう。

寒さのあまり布団に丸まり朝起きたら唇がカサカサしていたり、ひどい時には唇が切れたりと季節の中で 冬場が唇に取っては辛い季節かも知れません。

お肌も乾燥しますがお肌以上に唇は乾燥しやすくなります。

特に唇は皮膚が薄い上に保湿力が弱いのです。

冬の唇ケアとしては、リップクリームを使用することで唇の保湿力を高め、乾燥から唇を守ることが基本です。

唇の乾燥からか唇を舐めてる人を時々見かけますがこれは逆効果です。

唇を舐めることによって唇の保湿力を更に弱めてしまうため唇を舐める癖がある人は気をつけなければなりません。

唇のケアで気をつけたいこと

冬の唇ケアで唇を舐めてはいけないこと以外に唇ケアで注意したい点は他にもあります。

唇の皮が気になって剥いてしまうことがありますが、唇の皮を剥くことも冬の唇ケアには良くないことです。

お肌と同じにように唇の細胞も生まれ変わります。

お肌に比べると唇のターンオーバーは早いと言われています。

新しく唇の細胞が生まれ変わっている時に無理矢理皮を剥くことは唇に取って良くありません。

乾燥がひどく唇がガサガサする前からしっかりと唇ケアを起こっていれば常に綺麗な唇を保てるのです。

冬は特に室内も乾燥しがちなため加湿器を活用することもお薦めです。

就寝中は特に室内も乾燥します。

加湿器以外には濡れタオルを口に当てることも効果的です。

冬の乾燥から潤いのある唇を保つためには、日常生活からケアをすすめることも重要です。

まずはお部屋を加湿してお肌によい環境づくりをしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする