花粉症と肌のトラブルの関係

花粉症は主に目や鼻にトラブルを起こす症状ですが、お肌にもダメージを与えます。

本来、女性の肌は花粉が飛来する時期と同じ春先に、トラブルを起こしやすくなっています。

季節の移り変わりとともに気温が上がりますので、それに肌がうまく対応できないことがあります。

温かくなることで新陳代謝が活発化され、ホルモン、汗、皮脂もたくさん分泌されるようになります。

それにより体調も肌も不安定で敏感になるのです。

ですから、外部からの刺激である花粉に対して、お肌は刺激を受けやすくなってしまいます。

鼻や目の粘膜が花粉に触れることによって、体の持つ免疫の働きが反応を起こすために、かゆみやくしゃみなどの症状が現れます。

それと同じで、肌が本来持っている免疫が過剰に反応するために、肌荒れを起こしてしまうのです。

花粉の季節の上手なスキンケア方法

花粉症によってお肌が荒れてしまった場合には、スキンケア用品で毎日のケアをしっかり行います。

しかし、お肌に合わないものを使い続けても意味がありません。

使ってみて症状が軽くならない場合には、別のものに替える必要があります。

また、ストレスが溜まっていると花粉のシーズンにお肌が荒れやすくなってしまいます。

休息をしっかりとり、ストレスに強い体づくりをする必要があります。

肌が花粉による刺激を受けにくいように、帰宅したらすぐに洗顔します。

目や鼻の症状を和らげるために、髪や洋服についた花粉を払うのと同じで、肌についた花粉を徹底的に落とす洗顔をすることで、肌荒れを最小限に抑えることができます。

顔にかゆみがあると、どうしても洗浄力の高い洗顔料を選んでしまいますが、あまり洗浄力が強いと、皮膚をガードする働きのある皮脂まで過剰に落としてしまいます。

そうなると余計に花粉の刺激を受けやすくなりますので注意が必要です。

この時期だけ、お肌はかなり敏感になっています。

ひどくなると何でケアしてもしみたり刺激に感じるようになりがちです。

そうなる前に、敏感肌向けの基礎化粧品でケアする必要があります。

春先の花粉のピーク時だけ敏感肌用コスメを使うことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする