夏のお肌のトラブル対策

夏になると露出度も高くなりお肌のトラブルの元となります。

大人・子供など老若男女関係なく、夏のお肌のトラブルは誰にでも起こりえます。

汗疹・日焼け・じんましん・虫刺され・日光アレルギーなど様々です。

このような症状でひと夏を悩まされる方も多いことでしょう。

症状がひどい場合は市販の薬では効果がなく、自己判断で薬を使うことで症状が悪化する場合もあります。

症状があまりにもひどい時は、一度病院で診察してもらうことと良いでしょう。

日焼けによるトラブルや日光アレルギーは女性に取って辛いものです。

日光アレルギーは腕・手の甲・ひどい時は顔に症状がでます。

こういった日光アレルギーの方はお化粧をするのので何とか顔はカバーできますが、腕や手の甲などは しっかりUVカットの上着や手袋などで覆わないといけません。

基本は日焼け止め

そして、夏場に手放せないのが日焼け止め。

日焼け止めの種類によっては肌質で

逆に日焼け止めにまけてしまうこともあるでしょう。

日焼け止めはあかちゃんでも使用できる・子供用が良いと言う人もいます。

汗をかくと流れるので小まめに塗りなおしたり、夏でも腕を出さないよう紫外線対策の羽織物を羽織ったりすることも効果的です。

外に出る機会が多い場合は日焼け対策をしっかりとすることです。

どんなに対策をしても完璧にはできません。

日焼けをしたを保湿をしっかりすることも必要です。

夏は小麦色が健康的ですが忘れはならないことはその後のケアです。

また、日焼けが原因でできるしみ。

しみ対策もしっかり行い、うっかり日焼けをしてしまい赤みがひかない等の症状が気になる場合は病院で相談しておくといいでしょう。

コメントの入力は終了しました。