顔のむくみ対策

顔のむくみ対策としては、アルコールや水分を 寝る前にあまり摂取しないようにするということが挙げられます。

もし飲んでしまったら、早めに寝るようにして、翌朝早めに起床するようにします。

顔のむくみは起きた直後が一番ひどい状態になっています。

しかし時間が経つにつれておさまっていくものなのです。

おさまってからですと、落ち着いてメイクを仕上げることができますね。

また、むくみの原因となる水分は高いところから低いところに流れる性質があります。

ですから、高い枕で眠ると顔がむくみにくくなります。

うつぶせになって眠ると余計に顔がむくみやすくなりますので、注意が必要です。

また、顔がむくむとシーツの後がつきやすくなってしまいますので、仰向けになって眠る習慣をつけましょう。

むくみ対策のためにできること

顔のむくみ対策

足つぼを刺激するのも顔のむくみ対策です。

顔がむくむということは、腎臓や膀胱が 正常に機能していないことも考えられます。

病気ではないにしても、腎臓や膀胱が正常に機能しないと 体に老廃物が溜まってしまい、血行も悪くなるので むくみやすくなるのです。

土踏まずの上の辺りからかかとの内側にかけて、腎臓や膀胱のつぼがありますのでこのあたりを刺激します。

また、顔のむくみ対策は普段の生活の中で心がけることが大切です。

たとえば、普段の食生活の中で塩分を摂り過ぎないようにすることも顔のむくみ対策なのです。

ストレスが溜まると顔がむくみやすくなるので、上手にストレス解消することも大切です。

夜やゆっくりとお風呂につかり、顔や全身の血行を改善します。

顔だけの血行を改善することも、マッサージや蒸しタオルを使うことで できますのでぜひ習慣にしたいものです。

特に蒸しタオルと冷たいタオルを交互で顔に当てると、血行がかなり改善されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。