顔のたるみの原因

顔のたるみの原因のひとつとして、コラーゲン不足があります。

コラーゲンとは、お肌のハリを維持している成分で、もともと、私たちのお肌の中で作られている成分です。

コラーゲンがお肌を支え、下へ下がろうとする力に逆らって お肌がたるむのを防ぐことができるのです。

しかし年齢を重ねるにつれてコラーゲンを作る力が衰えてしまいます。

ですから、お肌の中のコラーゲンの量が減ってしまうのです。

また、ストレスや紫外線もコラーゲンを破壊したり生成を阻害する原因となります。

特に紫外線はお肌を乾燥させてしまうために皮膚の弾力を奪ってしまいます。

原因を知って、たるみに対処

顔のたるみの原因

紫外線を防止することも大切ですが、水分補給も同時に行わなければなりません。

お肌が持つコラーゲンの量が年齢に伴って減るのと同様に、表情筋の力も弱まります。これもたるみの原因だとされています。

表情筋が緩むことによって皮膚全体が下に垂れ下がってしまうのです。

表情筋のトレーニングをすることによって 皮膚が下がらない状態を保つことができます。

また、リンパの流れもお肌のたるみに深く関係しています。

リンパの流れが悪くなると、老廃物や水分、血液が溜まってしまいます。

それがお肌のたるみとなって現れるのです。

リンパの流れも年齢を重ねるにつれて悪くなります。

また、ストレスもリンパの流れを阻害します。

顔のリンパの流れを良くするためには、マッサージをしたり
顔の上に蒸しタオルを乗せたりといったケアを日常的に取り入れてみましょう。
リンパの流れが良くなりたるみを防止でき、
さらに血液の流れも改善されるため顔色も良くなります。

たるみは、お肌が持つ細胞の数が減ることも原因となります。
お肌の細胞が減ると、皮膚が薄くなり、ハリや弾力を失ってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。