髪型で小顔に見せるコツとは?

小顔を目指し・ダイエットをしたりフェイスマッサージをしたりなど様々な方法があります。

ある程度は努力することで小顔に近づくはできても顔の輪郭や骨格など一人一違うため全て思うように実現しないのが現状です。

丸顔や三角型・えらが張っているなど一人一人違いがありますが、髪型を変える・小顔に見える髪型もあります。

ヘアカタログなどの特集で小顔に見える髪型を紹介している時もあり、ヘアカタログを参考にして美容室で小顔に見える髪型・ヘアアレンジ方法などをアドバイスしてもうこともできます。

小顔に見える髪型と言えば・ボブカット・ショートカットがあり定番といえます。

セミロングやゆるやかなウェーブをかけた髪形が流行中ですが、この場合は 前髪・横髪を耳にかけて 全体的にスッキリさせることが大事です。

より顔をスッキリみせるヘアスタイルへ

小顔に見える髪形

顔の輪郭によっては横髪・前髪でカバーすることによりやや小顔見える場合もあります。

お団子ヘアなど髪をアップすることで小顔に見えます。

髪の量が多い人は、髪を軽く見せるようにカットすることで小顔に見えます。

量が多いと、髪が膨張してしまって顔が大きく見えるので気をつけたいですよね。

そういう意味では、髪を盛るヘアスタイルだと 顔が大きく見えてしまう点にもご注意を。

和装やパーティー前に美容室でセットしてもらう際などには、抑え目に仕上げてもらうように気をつけましょう。

そして前髪一つでも印象が随分違ってきます。

前髪を降ろしている・上げているだけでも顔の印象は変わります。

上げているようが小顔に見える、逆に降ろしているほうが小顔にみえる、ご自分がどちらなのかを しっかり把握しておくことも重要です。

でも、髪型で顔の大きさをカバーする方法では、なかなか思うようなおしゃれが楽しめませんよね。

ですので、根本的に顔のラインをすっきりさせることも日々行いたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする