小顔に見せるメイクのコツ

女性に取ってお化粧は必要なものです。

メイクの仕方も様々ですが、最近は小顔メイクなど小顔に見せるメイクの仕方も多く紹介されています。

顔の輪郭も違うようにメイクの仕方一つで随分と印象も違ってきます。

メイク一つで小顔に見える・小顔に見せられることも可能です。

小顔に見えるメイクの仕方をご紹介します。

メイクの際に一番重要なのはベースの作り方です。

特に下地やファンデーションの選び方・塗り方にも注意しましよう。

少し暗めの色のファンデーションを使用した方が小顔に見えます。

もし今使っているファンデーションの色が明るめかな?と思ったら顔が大きめに見えてしまっているかもしれませんね。

ファンデーションも 今は種類が沢山ありますが、小顔に見えるメイクを目指すならば量を自在に調節できるタイプのものを使用しましょう。

ファンデーションを塗る際のポイントはアゴや鼻にファンデーションを塗る際にハイライトカラー使うことで立体感を出すこともポイントとなります。

アイシャドーやチークを上手に活用

小顔メイク

そしてお肌のベースメイクが完成したら、目元に立体感を出してゆきましょう。

眉下に白やベージュなどの色のパウダーやアイシャドーを使うことで、目元や目の周りに立体感がでます。

色を付けすぎたと思った場合は手で伸ばすようにして下さい。

小顔に見せるメイク術は目元を強調するメイクをすることが重要だと思います。

アイラインはグレーやブラックなどの色が良いでしょう。

アイラインを使用したり・マスカラを使用することもお薦めです。

チークやハイライトを使用することもお薦めです。

しかし、厚く塗り過ぎないようにしましょう。

チークを使用する際は高い部分から使用することが基本です。

小顔に見せるメイクでは、全体的に厚化粧といった印象にならないようにすることも大事です。

濃すぎる色のリップが 逆にほおまわりのふっくら感を強調することもあるので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。