しわ対策としてできること

しわ対策

しわやたるみがあると、顔が老けて見えてしまいます。

しわ対策を行うことによって、かなり若々しい印象になります。

しわがある場所によって、対策は異なります。

というのは、原因も異なるからです。

自宅で簡単にできるしわ・たるみケアを、毎日実行してお肌の若さを保ちましょう。

しわやたるみは、お肌が持つコラーゲンやエラスチンが減少することによってできることがあります。

これらの成分は、お肌のハリや弾力を保つことができるからです。

しわが30代以降によくできるのは、こういった成分が急速に減り始めるからなのです。

ですから、対策としてはコラーゲンやエラスチンの補給からはじめましょう。

コラーゲンはサプリやドリンクといった形で体内から補給することもできます。

最近はお鍋にもコラーゲンボールを入れたりと、選択肢も増えましたね。

上手に取り入れてハリのあるお肌を目指しましょう。

お肌の乾燥もしわやたるみの原因となりますので、水分補給を徹底的に行わなければなりません。

毎日つづけたいしわケア

お肌が常に乾燥していると、しわができやすくなるばかりかそのしわがお肌に定着してしまいます。

朝晩の洗顔の後に、化粧水や乳液、クリームでしっかり保湿するようにします。

しわやたるみが現れる場所として代表的なのが口元です。

すでに30代から口角が下がり始め、ほうれい線が目立つようになります。

さらに年齢が高くなると、唇の上にもしわができてしまいます。

それを防止するためには、口元の筋肉のトレーニングを行うとよいでしょう。

唇の上のしわやほうれい線がないと、年齢がぐっと若く見えるようになります。

このように自宅で行うケアは継続することによって結果が現れますが、中にはどうしても今すぐしわやたるみを解消したい、という方もいらっしゃることでしょう。

こういった要望をお持ちの方のために、美容外科があります。

信頼できるクリニックでよく相談してから受けることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。