更年期の女性の薄毛対策

女性は更年期になると薄毛に悩む方が多くなります。

更年期に女性が薄毛になりやすい原因や、効果的な対策法についてご紹介します。

更年期の女性は薄毛になりやすい?

女性は、年齢を重ねるとお肌だけでなく髪の毛にもトラブルが起こりやすくなります。

髪の毛のコシやツヤがなくなってきた

髪の毛がパサつきやすくなってきた

頭皮が透けて見える・・・

こういった髪の毛のトラブルは、更年期に突入した女性に特に起こりやすくなっています。

まずは更年期の女性の薄毛トラブルの原因からご紹介しましょう。

女性ホルモン減少による更年期の薄毛


更年期は女性ホルモンが急激に減少する時期。

そのため 自律神経の調整が難しくなり、体が急にほてったり、イライラしやすくなることで知られています。

この女性ホルモンのうちのエストロゲンには ツヤがあり健康的な髪の毛が生えてくるのをサポートする働きがあります。

分泌されるエストロゲンが ガクッと減ってしまうことで

髪の毛が細くなる

コシがなく、全体的にぺちゃっとしてくる

などのトラブルが出やすくなるのです。

髪の毛があまり抜けていなくても、

1本1本が細くなることで ボリューム感が無くなる、

コシが無くなることで より薄毛感が出てくる

という影響が出てくるのです。

長春毛精

加齢による薄毛


更年期世代の女性の薄毛の原因は、女性ホルモンだけではありません。

加齢の影響で、頭皮や毛根が老化してしまうことも原因と考えられています。

薄毛だけでなく白髪も 頭皮の健康状態によりできやすくなると考えられています。

しっかりケアして 若々しい頭皮をキープするようにしましょう。

ストレスによる薄毛・脱毛


更年期の女性は 家庭や仕事で複雑な問題を抱えやすく、ストレスがたまりやすい時期。

介護問題や 子どもの進学や就職、

職場でより責任ある仕事をまかされる、

こういったストレスが複雑に絡み合うことで薄毛になることがあります。

さらに、髪の毛が細くなるのとは違い、髪の毛が抜けやすくなる場合があります。

気が付くと いわゆる円形脱毛症になっていた、という方も少なくないのが更年期です。

ここまでの状態になると 専門医に一度診ていただく必要があります。

ですが、

髪の毛全体のボリュームやコシ、ツヤ

ご自分でのケアが十分可能です。

具体的な対策方法をご紹介しましょう。

更年期の薄毛対策にはこの2つ


更年期の薄毛対策は、毎日の生活での工夫でできます。

以下の2点を上手に取り入れることで

自宅でのセルフケアで薄毛対策をしてゆくことができます。

ストレスをためにくい生活スタイル


更年期世代の女性が抱えがちなストレス。

ストレスは全身の血行に影響を与えてしまいます。

頭皮や髪の毛に必要な栄養素は 血流にのって運ばれますが、

血流が悪くなることで 十分な量が運ばれなくなってしまうのです。

ですので、ストレスをためこまないようにすることが重要です。

家族の問題は一人でためこまずに周囲に協力してもらう、

思い切って1日完全オフの日を作る、

こういった状況を作って行くようにしましょう。

なかなか難しいわ!という方も

ぬるめの湯船にゆったりと浸かるようにしてみましょう。

心と身体にリラックス効果があるだけでなく、

血行促進になり 頭皮のケアになり一石二鳥です。

頭皮や髪の毛のケアの見直し


健康的な髪の毛は元気な頭皮から生えてきます。

知らず知らずのうちに頭皮を傷めていないか、ヘアケア方法を見直してみましょう。

シャンプーやトリートメントでかゆみが出る

ヘアカラーでどうしても刺激になる

ドライヤーを使う際に 髪の毛に近づけすぎている

思い当たる方は、改善してゆきましょう。

その上で、

頭皮を軽くマッサージをする

ブラッシングで頭皮に適度な刺激を与える

といったケアを行うようにします。

そして、積極的に薄毛やボリューム感のケアをしたい方は、

育毛剤などのヘアケア製品も活用してみることをおすすめします。

最近では女性向けに作られた育毛剤も増えています。

イヤなにおいがしない、

サラサラと使えてベトつかない、

>>更年期の女性におすすめの育毛剤詳細へ

このような女性用の育毛剤を使うことで

より効果的なケアを目指すことができます。

ぜひ活用してみることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。