自宅でできるヘアケア技

ヘアケアを自宅で行うことによって、いつもさらさらで潤った髪を持続できます。

自宅でできる簡単なヘアケアに、トリートメントがあります。

さまざまな効果のあるトリートメントが市販されています。

これらは、髪に水分と栄養を補給する役割を持っています。

トリートメントは、シャンプーの後に髪全体にのばします。

その後ですぐに洗い流すのではなく、タオルで包んでお風呂につかるなどして待ちましょう。

時間を置くことによって、髪の奥まで有効成分が浸透します。

また、髪にトリートメント剤をのばすときには表面だけではなく、
髪全体にのばすようにしましょう。

髪をかきあげるようにすると、万遍なくトリートメント剤が髪にいきわたります。

自宅でできるヘアケアの基本

自宅でのヘアケアでシャンプーは欠かせません。

毎日行うことですので、間違った方法で洗髪することで髪をどんどん傷めてしまいます。

シャンプーをする前には、ブラッシングをすると良いでしょう。

髪が絡まりあっているのを除くことで、しっかりと髪の汚れを落とすことができます。

また、頭皮の血行を促進することができます。

そして、シャンプー剤をつける前にお湯で洗います。

ただ髪を湿らせるだけではなく、髪や頭皮の汚れを取り除くように意識して行います。

これによって、髪の汚れのほとんどが落ちます。

シャンプー剤をつけてからは、髪ではなく頭皮を洗うようにします。

髪をこすって洗うことで、髪の表面のキューティクルを破壊することになりますので注意が必要です。

このほかにも自宅でさまざまなヘアケアを行うための道具が市販されています。

例えば、白髪が目立ってきた場合には白髪染めが活躍します。

手袋やイヤーキャップをつけて、薬剤が肌につかないように注意しないといけないタイプのものが大半ですが、上手に使いこなすことで美容院に行かずにケアができるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。