髪の傷みの原因と対策

髪が傷んでいるとよく言い、聞きますが髪の傷みの原因は様々です。

紫外線によって傷むこともあれば、ヘアカラーやパーマや過剰なドライヤーなど髪の傷みの原因は多々あります。

紫外線による髪の傷みは以外と髪へのダメージが大きいです。

特に紫外線の強い夏場は髪が傷みやすくなります。

また、ドライヤーの熱でも傷んだり。

それぞれ傷みの原因は違っても、髪の傷みの悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

パーマ液・白髪染め・またおしゃれ染めなどをすることによって髪のキューティクルを剥がしてしまうため髪が傷んでしまいます。

しかし、傷んだ髪を修復させるために使用するヘアトリートメントなどには化学成分が使用されています。

一時は髪のキューティクルが修復され髪の傷みが良くなっっても少しずつまた痛んでくる、そしてまたトリートメントを使用する。この繰り返しです。

化学成分で髪の傷みの修復を行っても頭皮自体は化学成分が蓄積させているのです。

また、パーマ液や美容室で染める白髪染め・市販の白髪染めには化学成分が使われています。

そのため痒みがでるなど肌が弱い方に取っては更に悩みの種となりますよね。

最近では 刺激が少なく、自然原料が主成分のパーマ液や白髪染め剤もあるので美容師さんに相談してみるといいでしょう。

日常生活も見直してみましょう

食生活でも髪の傷みを予防・改善してゆくことができます。

昔から髪に良いと言われるわかめなどの海草を食べる事でも髪の傷みを解消することもできます。

また、ドライヤーも熱から髪を守るタイプのものも販売されています。

ヘアケア商品で髪の傷みを修復させるかたは自分に合った商品を選ぶと良いでしょう。

外側・内側から髪の傷みを少しでも改善したいものです。

コメントの入力は終了しました。