半身浴のやり方

半身浴のやり方は、体の半分だけお湯につかります。

正確には、胸から下の部分が浸かるようにします。

腕は湯船の中に入れないようにします。

温度は低めで、38度から40度を目安にします。

そしてそのお湯に20分から30分ゆっくり浸かるようにします。

本や雑誌を読みながら、音楽を聞きながら半身浴を楽しむこともできます。

ぬるめのお湯が心地よく、リラックスすることができるでしょう。

また、お風呂のふたを半分閉めた状態で半身浴をすると、温かい蒸気によって毛穴が開かれ、お肌がきれいになります。

上半身が肌寒く感じるときには、たまに肩まで浸かるのも良いですが、基本的には下半身が浸かっているだけで体がどんどん温まるようになります。

また、タオルを肩にはおるようにすると上半身が冷えるのを防ぐことができます。

ちょっとした工夫で より快適な半身浴へ

湯船にお湯がたっぷり張ってある場合には、なかなか胸より下だけ浸かってしかも腕を出しておくという半身浴のやり方は簡単ではないですね。

そういう場合には、お風呂場用の椅子を湯船の中に沈め、それに座ることで半身浴が楽にできるようになります。

また、半身浴をしていると汗をかきますので、途中で水分補給をすると良いでしょう。

ペットボトルの飲料をお風呂場に持ち込んで、適度な水分補給をできるようにします。

半身浴をする前に、体にお湯をかけて温度を慣らします。

ただし上半身にはお湯をかけないようにします。

上半身は半身浴でお湯に浸かることがありませんが、もしお湯をかけてしまうと、半身浴を始めてからかけたお湯が蒸発して お肌を冷やしてしまうからです。

体は急激な温度を避けることが大切ですから、下半身にお湯をかけてから半身浴を始めますが、できれば脱衣所と浴室の温度もあまり差がないようにしておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。