コラーゲンとニキビとの関係

コーラゲンはニキビ跡の治療に欠かせない成分です。

ニキビの炎症によって壊されてしまったお肌にある細胞を再生するには、コラーゲンが必要となります。

お肌の奥にある真皮という部分にコラーゲン繊維がありますが、これを活性化させることでニキビ跡が目立たなくなります。

ニキビ跡は細胞が壊れている上に、乾燥もしています。

コラーゲンは水分を保持する働きもありますので、ニキビ跡を潤し、さらに弾力を与えてくれるのです。

コラーゲンのサプリや飲料が販売されていますが、体内からとりこんだものはニキビ跡に必ず使われるとは限りません。

ですから、ニキビ跡には塗るタイプのコラーゲン、つまりクリームなどの基礎化粧品を使うようにします。

コラーゲンはたんぱく質からできています。

よくコラーゲンを摂取するとニキビができる、という話を耳にしますが、たんぱく質が原因でニキビができるということはありません。

質と量に注意したいコラーゲン

しかし、コラーゲンをあまりに過剰に摂取してしまうと、お肌や健康になんらかのトラブルを起こすことがあります。

コラーゲンはもともと私たちの体の中にある成分なので、安全なものではありますが、過剰に摂取するのはやはり体に良くありません。

また、そのコラーゲンの原料によっては、アレルギー反応を引き起こすこともあります。

それをニキビだと勘違いすることも起こりえます。

コラーゲンを飲むとニキビができるから、と敬遠しているのであれば、まずは量や製品を変えるようにしましょう。

コラーゲンはお肌だけでなく体の関節の状態などを整えるためにも必要な成分ですから、食事などでも上手に取り入れてバランスよく摂取するようにしましょう。

食事では コラーゲンにだけこだわるのではなく、ビタミンCやビタミンEなど、お肌に良いとされている成分も一緒に摂るように意識してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。