ニキビ跡を美白する

ニキビ跡が赤や茶色になる場合があります。

このようなニキビ跡を美白ケアによって、目立たなくさせる方法があります。

ニキビ跡が色素沈着を起こすのはシミと同様でメラニンの増加が原因です。

ニキビを潰したり放置して悪化させることによって、炎症が起こります。

このときにメラニンが大量に作られますので、ニキビ跡がシミのようになるのです。

ただし、ニキビの炎症後赤くなっている場合は、まだ色素沈着に至っていません。

茶色になってしまったニキビ跡は、まさに色素沈着と言えます。

肌の細胞は常に生まれ変わり、古い細胞ははがれ落ちます。

メラニンは古い細胞と一緒に自然にはがれ落ちるものですが、肌の奥に溜まってしまったものは排出されるまでに時間がかかってしまいます。

時間はかかりますが、メラニンがこれ以上作られないようにすることで
いずれはニキビ跡はなくなります。

ニキビ跡をしっかりケアしてシミ撃退

ニキビ跡を美白するための基礎化粧品が市販されています。

このような基礎化粧品には、ビタミンCやヒアルロン酸などの肌に良いといわれている成分が配合されています。

使ってすぐにニキビ跡が薄くなるというものではありませんが、毎日使い続けることで徐々にニキビ跡のシミが薄くなってゆくというものです。

また、古い角質を落としやすくするために、ピーリング効果をもつ洗顔料を使うとより早くニキビ跡が解消されます。

ニキビ跡のケアは自宅でできることもありますが、あまりに症状がひどかったり、早く解決したいという場合には、皮膚科の専門医に相談すると良いでしょう。

また、エステでもニキビ跡を美白するためのコースを用意しています。

ニキビ跡は肌がとても敏感になっていますので、できてしまったら、できるだけ早くケアをしないといけません。

放置しておくと、ニキビ跡の色素沈着がより濃くなりやすいためです。

そして、ニキビ跡に刺激を与えないように気をつける必要もあります。

お肌の刺激でニキビ跡のすぐ周辺にニキビがまたできてしまうことがあるためです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。