ニキビ跡をケミカルピーリングで治す

ニキビ跡をケミカルピーリングで治療することができます。

ケミカルピーリングは、化学物質を使ってお肌の表面を削ることによって 表面のでこぼこをなくすという治療方法です。

お肌の表面には古くなった皮膚の角質層があります。

ニキビ跡はその角質層にできています。

この古い角質層をはがすことによってニキビ跡のない新しいお肌を作ることができるのです。

つまり、お肌の新陳代謝が改善されるわけです。

ケミカルピーリングではフルーツ酸という物質を使うことが多いです。

これは弱い酸でできていますので、それほどお肌に刺激を与えるものではありません。

お肌に残っている古い角質を優しく取り除くことができます。

また、普通に生活しながら治療を行うことが可能です。

他にもさまざまな種類の薬品があります。

薬品によって、酸の強さや濃さが異なります。

また、実施する長さの違いによって効果が異なります。

手軽になったケミカルピーリング

ケミカルピーリングはニキビ跡の治療に役立つだけではありません。

古い角質を取り除くことによって、それが毛穴に詰まることを防ぐことができます。

ですから、ニキビの予防にもなります。

また、くすみや小じわ、たるみを解消することもできます。

美白効果もありますので、ニキビ跡を治して美しいお肌を手に入れるためには最適な処置だといわれています。

皮膚科でケミカルピーリングの治療を受けることができます。

そして、自宅でも手軽に行うことができます。

ピーリング効果のある洗顔料やピーリング効果のある化粧水が市販されています。

ケミカルピーリングを行った場合には、化粧水などで保湿をしっかりすることが大切です。

古い角質を取り除いたことでお肌が乾燥してしまう場合があるからです。

また、お肌が赤くなったり湿疹ができてしまう可能性があります。

そのようなことが起こったら、ピーリングを即中止して皮膚科医に相談する必要があります。

コメントの入力は終了しました。