ニキビ跡の気になるシミ

肌あれとニキビ

ニキビ跡のシミはとても気になるものです。

普通のシミに比べると色も濃く、ニキビ跡に さらにニキビができてしまうことで さらに色は暗くなり、場合によっては肌の表面がまだら状になってしまいます。

ニキビ跡のシミを隠すために、その部分だけファンデーションを濃く塗ることもありますが、これでは余計に目立ってしまいます。

コンシーラーをつけてからファンデーションを塗るようにすると、 目立たなくなります。

でも、ニキビ跡のシミは消せるものなら消してしまいたいですよね。

そもそも、ニキビ跡はなぜシミになってしまうのでしょうか。

ニキビは皮膚の炎症の一つです。

体のどこかに炎症が起こると防御反応を示します。

皮膚の場合、その防御反応はメラニンの生成といった形で行なわれます。

そのメラニンがニキビ跡にシミとして残ってしまうのです。

ニキビ跡のシミの場合、普段のスキンケアで代謝を活性化させることによって目立たなくしてゆくことも可能です。

ただ、紫外線を浴びたりお肌が保湿機能を保つことができなくなっていると、いつまでたってもニキビ跡のシミは消えません。

ニキビ跡のシミを薄くしてゆくためには

ニキビ跡を消してゆくために、そして増やさないためには外出するときには日焼け止めクリームを塗り、日傘や帽子で日光に直接当たることのないようにすることが大切です。

また、晴天の日に屋外で長くすごしたりして紫外線を浴びてしまったら お肌のほてりを鎮めるケアをしなければなりません。

お肌が乾燥しているとシミにもなりやすいので、ニキビ跡は特に保湿をしっかり行なうように注意しなければなりません。

また、不規則な生活パターンは お肌の新陳代謝に打撃を与えます。

睡眠と栄養をたっぷりと摂るように心がけます。

ニキビ跡のシミを防止するためには、ニキビができても絶対につぶしてはいけません。

ニキビを無理につぶすことによって、皮膚の奥深くまで傷をつけてしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。