ニキビ跡改善にはビタミンCを

ニキビ跡がクレーター状態になるのは、皮膚の奥にある真皮と呼ばれている層が炎症や化膿を起こして傷つくことが原因です。

ですから、ニキビ跡を改善するためには真皮を元の状態に戻す必要があります。

真皮はたんぱく質であるアミノ酸から成るコラーゲンからできていて、そのコラーゲンはビタミンCからできています。

ですから、ニキビ跡改善にはビタミンCが必要になるのです。

ニキビ跡はクレーターのようになるだけではなく、シミのようになってしまうこともあります。

これは、炎症や化膿で色素細胞が破壊されることによってできます。

このようなシミのようなニキビ跡を改善するにも、ビタミンCが必要となります。

というのは、ビタミンCは色素細胞がメラニンを 過剰に作り出すことを抑える働きがあります。

これによってシミが薄くなるのです。

ビタミンCパワーでお肌に活力を

また、ビタミンCには抗酸化作用というものがあります。

これは、酸素が体の中でエネルギーを作ったり呼吸をする際に作り出す活性酸素というものが作り出されるのを阻止する作用です。

活性酸素が過剰にできると、過酸化脂質という細胞に有害な物質を作り出してしまいます。

過酸化脂質ができることで皮膚は水分を失いますので、乾燥肌になったりニキビの原因ともなります。

この抗酸化作用は、メラニンの持つ色を脱色することでニキビ跡のシミを薄くするという働きも持っています。

ですから、ニキビ跡にはビタミンCは欠かせないといえます。

ビタミンCは野菜や果物にたくさん含まれていますので、日々の食事に上手に取り入れ積極的に摂取します。

また、ビタミンCが配合された基礎化粧品もありますので、 日々のスキンケアで利用します。

エステサロンでは、ビタミンCをお肌に浸透させる施術も行なわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。