ニキビは頬にできやすい

ニキビができやすい箇所の一つに頬があります。

頬は皮脂の分泌量が多い箇所でもありますから、どうしても皮脂によって毛穴が詰まりやすく、ニキビとなってしまうのです。

ニキビが頬にできるのは、どちらかというと、大人になってからよりも思春期に多いです。

これは、ホルモンバランスの関係で、思春期の方が頬の皮脂の分泌量が多いからです。

しかし、大人になってからでも頬にニキビができるケースが全くないわけではありません。

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や古い角質が細菌と結びつくことによってできます。

頬を手で触ったり頬づえをつくことによって、手についている菌が毛穴に入りこんでしまうことがあります。

また、ヘアスタイルによっては髪が頬に触れ、それが刺激となってニキビの原因になることもあるのです。

原因はストレス?

また、ストレスが溜まると頬周辺にニキビが できやすくなるという人もいます。

特に疲れていると頬にできたニキビがだんだん顔全体に広がってしまいます。

大人になってから頬にできるニキビは、
生活習慣の改善で症状を抑えることができます。

特に栄養の偏った食生活を送ることで、頬にある皮膚の新陳代謝が鈍ってしまい、ニキビがどんどんできて一向に治らない、ということも起こりえます。

頬の皮膚の新陳代謝を改善するためには、ビタミンB群をたっぷり含んだ食品を摂取することが大切です。

また、胃腸や肝臓に何らかの異常があると頬にニキビができやすくなってしまいます。

便秘や胃痛などの症状がある場合には、改善することで頬のニキビが治まる可能性があります。

頬にできたにきびが気になるからといって潰してしまうと、それが跡となり、ひどい場合にはクレーターのようになってしまいますので注意が必要です。

頬のニキビはどうしても目立つので、つい潰したくなりますが、適切な治療をすることで跡が残らずに済みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。