生理前のニキビ

肌あれとニキビ

生理前にニキビができやすい、という女性はとても多いのです。

生理前にニキビが出来やすいのは 黄体ホルモンと呼ばれる妊娠や出産に関わるホルモンの分泌が増える事によるものです。

黄体ホルモンは性ホルモンによく似た働きである皮脂を大量に分泌する他に副作用として便秘になったり、肌が荒れたり、代謝を悪くする効果があります。

このような理由から、排卵期から次の生理が始まるまでの約2週間程度の期間は、女性の体は とてもニキビが出来やすい状態といえます。

つまり、生理前のニキビはホルモンバランスによるものなのですが、ストレス性のニキビと区別しにくいこともあり、自分の生理周期をよく確認して、判別する必要があります。

ストレス解消してニキビも解消

生理前のニキビの改善方法としては、

特に生理前の1週間ほどはできるだけリラックスして過ごすこと、そして、ストレスをためこまないように工夫することです。

その上で、この時期だけニキビ用の洗顔料や化粧水に切り替えることで
生理前のニキビを予防してゆきましょう。

また、できてしまったニキビは手でつぶしたりせずに常に清潔にするように心がけましょう。

ひどい場合は婦人科で相談を

生理が不順ぎみで 生理前のニキビがひどい、と言う方はホルモンバランスがかなり乱れている状態です。

月経不順になると、ニキビも一度出来ると治りにくくなりがちで、しかも同じ場所に出来やすくなります。

また、当然ですが月経周期にバラつきがあるという状態は決して女性の体にとって よいことではありません。

月経不順な状態だと体が冷え性気味になり、子宮が冷えた状態が続くと言われています。

生理前のニキビがあまりにひどい、そういえば ここのところ、ずっと月経不順ぎみだわ・・という方は、婦人科で一度相談をしてみることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする