ニキビによる色素沈着対策

ニキビによる色素沈着によって、顔に赤みや黒ずみができてしまうことがあります。

ニキビが炎症を起こしたり化膿することが原因で赤みや黒ずみ、茶色いシミが残ってしまうのです。

ニキビによる色素沈着対策

人や箇所により赤や紫、茶色などさまざまな種類の色があります。

色素沈着は、普通はニキビの炎症が治まった後にみられます。

ニキビの色素沈着の原因となるのはメラニンという色素です。

これは茶色いシミのような色素沈着を作ります。

また、紫色の色素沈着は、血液の中に含まれている ヘモグロビンという色素が原因となっています。

お肌の新陳代謝が良い状態ですと、時間が経つとだんだん目立たなくなってきます。

炎症の度合いや色の濃さにもよりますが、普通は3ヶ月から半年ほどで自然に目立たなくなります。

しかし、そうでない場合には何らかの対策が必要となります。

ホームケアで行うニキビの色素沈着ケア

ニキビの色素沈着を解消する方法の一つとして、ピーリングがあります。

ピーリングというのは、角質ケアのことで、溜まった古い角質を取り除くケアのことです。

このピーリングは自分で行うこともできますが、皮膚科で施術として受けることも可能です。

ただし、お肌が敏感で弱い方にとっては、ピーリングは刺激が強すぎる場合があります。

また、ビタミンCの摂取によってニキビの色素沈着は治まります。

お肌の内側から色素を薄くする働きがあります。

しかし、食物からビタミンCを摂取しているだけですと、治るまでにかなり時間がかかってしまいます。

お肌の奥にビタミンCをしっかりと届けるには、化粧品を使うケアが必要になります。

ただビタミンCが配合されている基礎化粧品を選ぶのではなく、
よりお肌の奥まで届きやすいものを選ぶようにしましょう。

また、含まれているビタミンCの濃度が高いものを選ぶのもポイントです。

上手に活用して 色素沈着を薄くしてゆきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。