ニキビとストレスの関係

ニキビとストレスには大きな関係があるといわれています。

よく仕事や勉強で忙しいときや、プレッシャーがかかるとニキビが増えることがあります。

また、環境の変化が心理的なストレスとなり、ニキビができやすくなることもあります。

何か嫌なことがあったり、失敗することでニキビが増えることもあります。

ニキビができることがストレスとなり、それがまたにきびを悪化させるということもあります。

しかし、実際にどうしてニキビとストレスに関係があるのか、という原因はまだはっきしているわけではありません。

ニキビができるときには、いろいろな条件が絡み合っているからです。

ただ、ストレス解消をした結果ニキビが改善されたという事例が多くあるため、ニキビとストレスには関係があるといわれているのです。

ストレスを上手に解消しよう

ニキビというと、鼻や額、頬にできるもの、というイメージがありますが、これは主に思春期のニキビの場合です。

ストレスが原因のものは、あごやフェイスラインにできることが多いです。

また、ストレスはビタミンB2の働きを抑えるといわれています。

ビタミンB2は、皮脂の分泌量を適度にする働きを持っています。

もし不足すると、皮脂の分泌量が増えることにつながります。

そして過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、ニキビとなるのです。

ストレスは、お肌が本来持っている免疫力を下げてしまいます。

ですから、毛穴に細菌が入り込みニキビの炎症を促進してしまいます。

そして、ストレスは血行を悪くするものでもありますから、美肌をキープするためには全く良くありません。

ストレスを全く失くすということはとても難しいことです。

しかし、上手に発散することによってストレスによるニキビを防ぐことができます。

上手にストレスから解放され、ゆっくりできるように工夫しましょう。

ストレスに対処する方法は人それぞれ異なります。

中には、短時間で上手にストレスの解消を行う人もいます。

一番大切なことは、休息です。

仕事で忙しい毎日であっても、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

それだけでもストレスが原因のニキビを防止することにつながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする