大人ニキビはナゼできる?

大人ニキビは、10代でできるニキビとは性質が異なります。

10代でできるニキビは、皮脂が過剰に分泌されることによってできます。

しかし、大人ニキビはストレスや、お肌の乾燥が原因となるのです。

また、10代でできるニキビは、皮脂の分泌が特に多いTゾーンにわりと多くできますが、大人ニキビは乾燥しやすい部分にできるため、あごや口の周りによくできます。

乾燥が原因となっているのですから、大人ニキビのスキンケアでは潤いをたっぷり与えるようにします。

特に乾燥してニキビができやすい場所にはたっぷりと水分を与えます。

また、毛穴のつまりも大人ニキビの原因となります。

古くなった角質がうまくはがれないと、角層がだんだん厚くなってきてしまいます。

そしてそれが原因で毛穴がつまってしまうのです。

そこに皮脂が入り込んだまま出せなくなってしまいます。

それが原因で大人ニキビができてしまうのです。

ですから、大人ニキビを防ぐためには角質のケアが大切になります。

また、お肌が本来持っている代謝が弱くなると大人ニキビが できやすくなってしまいます。

大人ニキビを繰り返さないためには

大人ニキビの特徴として、一度できると何度でも同じ箇所にできるという点が挙げられます。

これは、うまく角質がはがれ落ちなくなっている、つまり代謝が悪化しているからなのです。

大人ニキビのスキンケアで必要なことは、この代謝を改善する機能のある
スキンケア用品を使うことなのです。

大人ニキビのスキンケアのための基礎化粧品は、オイルが配合されていないものほうが、より適していると言えます。

毛穴をふさいでしまうのは皮脂なので、オイルが入った基礎化粧品を使うことで余計に皮脂が増え、毛穴がふさがってしまうからです。

オイルフリータイプで、肌にあったものを使うようにしましょう。

そのためにも、必ずよく試してから使うようにしましょう。

ページの先頭へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。