妊婦さんの脇の下の黒ずみ対策は?

妊娠中には 体に様々な変化があります。

その一つが脇の黒ずみ。

いままで脇の下の黒ずみなんて気にならなかったのに!という方も妊娠中に急に気になったり、もともと黒ずみがあった方は濃くなったりしやすくなります。

この妊娠中の脇の黒ずみの原因とケア方法をご紹介しましょう。

妊娠中に脇が黒ずむ理由とは?

妊娠中に 何気なく脇の下をチェックしたら黒ずんでいて驚いてしまった!

これは妊婦さんからよく聞く話ですが、実は妊娠中の脇の下の黒ずみは ホルモンバランスの変化が原因。

妊娠中は 赤ちゃんが育つ関係で急激にホルモンバランスが変わります。

その影響はさまざまな形で女性の体に出てきますが、わきの下などの黒ずみもその一つ。

個人差がありますし、上の子の時は気にならなかったのに 下の子の妊娠中にすごく気になってしまって・・・ということもあります

妊娠して急に脇の下が黒ずんでしまった、という方は どのような対策をするのが良いのでしょうか?

妊娠中の脇の黒ずみのケアの基本

実は 妊娠中の脇の下の黒ずみは 産後しばらくしてホルモンバランスが落ち着くと 徐々に気にならなくなってゆきます。

ですので、赤ちゃんが生まれて お世話で忙しく過ごしているうちに 気が付くとあれっ?という方が多くなっているのです。

半年程度みれば 黒ずみがかなり落ち着いてくると言われています。

ですのでまずは しっかり保湿をするようにして過ごしましょう。

産後1年以上経っても黒ずみが気になる・・・という方は何らかの影響で色素沈着してしまっている可能性もあります。

美白クリームを塗るなどのケア方法もありますが、わきの下はデリケートな箇所ですので黒ずみ専用のケアクリームなどでのお手入れをすることをおすすめします。

妊娠中にできる脇の下のケア

妊娠中の脇の下の黒ずみは、産後に落ち着くまで待つのがベター。

だからといって 妊娠中に何もしなくて良い、というわけではありません。

黒ずみを悪化させないような対策をしておくようにしましょう。

お肌を摩擦しない

黒ずみが気になると ついゴシゴシをこすってしまいたくなります。

お肌の摩擦は 刺激となって 黒ずみを悪化させてしまう原因にもなります。

ですので こすり洗いや スクラブの使用は避けて優しく洗うようにしましょう。

こまめに保湿

お肌の乾燥は黒ずみやくすみを加速させてしまいます。

清潔にした脇の下に ローションなどで保湿を心がけましょう。

紫外線に気を付ける

黒ずみは 紫外線に当たることで さらに濃くなります。

ですので むやみに紫外線にさらさないように気を付けましょう。

今まで夏場はノースリーブ派だった、という方も 妊娠で脇の下に黒ずみが出ている間は半袖にするなどして工夫しましょう。

バランスのよい食事を心がける

ビタミンたっぷりのお野菜中心でバランスの良い食事は 赤ちゃんだけでなくママのお肌にも嬉しいことづくめ。

つわりなどが落ち着いて来たら 意識して野菜を増やす、お菓子の代わりにフルーツを食べるなどしておきましょう。

いかがでしょうか?

妊娠中の 脇の下の黒ずみは産後に落ち着くので まずは慌てなくて大丈夫なのですね。

黒ずみの出方なども個人差がありますので、気にしすぎないことも大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする