妊娠中のシミケアで知っておきたいこと

妊娠中に急にシミが気になるということがあります。

また、いままで使ってきたシミ用のケアアイテム、妊娠中も使っていいものか悩むという方もいるでしょう。

妊娠中になぜシミが増えるのか、そして効果的なケア方法についてご紹介します。

妊娠中にシミが気になるのはなぜ?

妊娠してから ポツポツとしたシミが気になるということがよくあります。

また、急にソバカスのようなものが出てくることも。

これにはいくつかの理由があります。

妊娠中は ホルモンバランスが急激に変化する時期。

その影響で お肌にメラニン色素ができやすくなってしまうのです。

ですので シミが以前よりもできやすくなる、そばかす状の細かいシミが目立ちやすくなるのです。

出産を機にシミやそばかすが増えてしまった、という方が多いのは こういった理由からです。

妊娠中は まずはUV対策から

対策としては まずは日焼け止めなどをしっかり使って紫外線そのものからお肌を守るようにします。

何かとデリケートな時期ですので 日焼け止めを厚塗りするのはちょっと・・・ということもあるでしょう。

そいういった場合は UVカット機能のあるファンデーションを使ったり 帽子や日傘を活用するようにしましょう。

運動不足解消のため、ということでウォーキングなどを始める妊婦さんもいるでしょう。

そいういった際に 今までのUVケアにプラスアルファを心がけるようにしましょう。

また、天然の美肌成分であるビタミンを食事から摂るのも大事。

つわりなどで食生活が変わりやすい時期ですが、積極的にお野菜などからビタミンを補給するように心がけましょう。

妊娠中に出やすい肝斑

そして 妊娠中は ホルモンバランスの関係で シミとは違う肝斑もできやすくなります。

肝斑とは 薄く大きめのシミ状のものが浮き出てくる状態。

シミにしては ぼんやりしているし 大きいものがあれば それが肝斑の可能性が高いのです。

肝斑は女性ホルモンの影響でできるものですので 出産後徐々に気にならなくなるものがほとんどです。

肝斑は 専用の飲み薬でケアする方法がありますが、こちらは妊娠中はおすすめしません。

どうしても、という場合は必ずかかりつけ医に相談してから使うようにしましょう。

また、肝斑はシミのように紫外線でできるものではありませんが、やはりUV対策をしておかないと残りやすいので注意が必要です。

妊娠中のシミのケア

妊娠中にできてしまったシミ、以前からできているシミ。

どちらのシミもあると気になるものですよね。

妊娠中はシミケアアイテムを使っていいものか考えてしまう女性も多いでしょう。

市販の美白ケア製品のほとんどは 妊娠中でも使うことができます。

ですが 一部のシミケア製品に配合されている成分には 妊娠中は避けたほうがよいと言われているものがあります。

たとえば強い作用で知られるハイドロキノンがそれにあたります。

ですが、市販の美白化粧品には濃度が低く配合されていますので 安全性については問題がないと考えられています。

ですので 美白アイテムは 妊娠中の方の利用について制限をする表記があるもの以外なら、原則として使うことができます。

とはいっても 妊娠中は何かと敏感な時期ですね。

その日のお肌や体のコンディションを見ながら使うようにしましょう。

妊娠中は お肌が敏感になりやすく、今まで使ってきたシミケアアイテムが急に刺激になることもあります。

そのような時は すぐに使用を中止しましょう。

また、妊娠中から 新たな美白ケア製品を使い始めるという場合は パッチテストを行い、少量をお肌に乗せて刺激にならないか確認するようにしましょう。

最近は 妊婦さんも安心して使えるシミケア化粧品も登場しています。

妊娠中だけ このようなタイプのアイテムを使ってみるのもよいでしょう。

また、気になる点があれば かかりつけのお医者様に相談することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。