敏感肌の改善のために

敏感肌の改善のためには、刺激が少ない化粧品を使うことが大切です。

化粧品にはどのような成分が使われているのかということをよく確認してから購入する習慣をつけましょう。

化学物質が含まれている場合には、敏感肌の場合は特に刺激を受けて乾燥や湿疹の原因となります。

特に、石油系の合成界面活性剤やアルコール類はお肌に刺激を与えるために避けるべきです。

敏感肌の場合、化粧品は自然成分からできている無添加のものを選ぶようにします。

自然成分の中でも植物由来のものが安全なため望ましいです。

そして、保湿効果の高いものを選びます。

敏感肌の場合はお肌が乾燥しがちなので、水分の補給が特に必要です。

洗顔方法も気をつけよう

基礎化粧品の中には、ヒアルロン酸などのように保湿効果の高い成分が含まれたものがあります。

朝晩の洗顔後はもちろん、昼間でも乾燥を感じた場合には保湿効果の高い化粧水をつけるようにすると良いでしょう。

特に冬の暖房や夏の冷房にはお肌が乾燥しがちとなります。

敏感肌の場合は、お肌が乾燥するだけではなく、かゆみや痛みを感じることがあります。

また、赤くなってしまうこともあります。

いくら化粧品の成分に気をつけていても、洗顔方法が悪いと お肌を痛めることになります。

洗顔は、泡をしっかり立ててそれをお肌の上で転がすようにして行います。

洗顔料も刺激の少ない乾燥肌や敏感肌用のものを使うと良いでしょう。

敏感肌の症状を抑えるためには、紫外線対策も必要です。

紫外線はお肌の乾燥の原因の一つです。

敏感肌の場合は特に紫外線によってダメージを受けやすいので、外出するときには日焼け止めを忘れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。