インナードライ肌とは

インナードライ肌は、肌の内側は水分がかなり不足して乾燥した状態にも関わらず、肌の表面では皮脂が多く分泌してテカっている状態をさします。

表面が脂性のようになっていますので、乾燥肌ではないとみなして水分補給のケアをしないことが多いです。

インナードライ肌は、肌が乾燥することによって起こります。

ですから、水分補給のケアをしないということは、インナードライ肌をさらに進行させてしまいます。

肌が乾燥しているからこそ、皮膚の表面に皮脂を大量に分泌して水分が蒸発しないようにするのが肌の本来持っている機能なのです。

ですから表面は乾燥していない状態なので気づきにくくなります。

まるで混合肌や脂性肌のような感じです。

肌がべたつき、毛穴が開いて黒ずんでしまいます。

インナードライ肌は、最近話題となっている肌のトラブルです。

脂性肌のためのケアを誤ってしてしまいますが、どんどん症状が悪化していきます。

肌診断で見きわめを

インナードライ肌かどうかを判断するのは自分では難しいことです。

自分の肌が持っている脂分と水分の量を測ることは、自分では難しいからです。

エステサロンや化粧品売り場で調べてもらい、インナードライ肌かどうかということを判断してもらいます。

インナードライ肌の場合、Tゾーンが極端にテカり化粧ののりが悪くなります。

そのまま放置しておくと、肌の色がくすんでしまい、内側の水分不足が表皮に現れ、かさつきます。

そして、にきびなどの吹き出物ができてしまうこともあります。

脂性肌のようであっても肌はとても敏感な状態になっていますので、刺激を与えないように優しくケアをすることがポイントとなります。

洗顔はたっぷりの泡でお肌をつつむようにし、その後化粧水を使って保湿します。

ページの先頭へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする