インナードライを改善するには

インナードライを改善するためには、肌が必要としている皮脂まで取り除かないように洗顔のときに注意することが大切です。

洗顔料の見直しをし、必要以上に皮脂を取り除いてしまう洗顔料や石鹸を使っているようであれば、すぐに使用を中止します。

また、洗顔の後には化粧水を使いますが、脂性用のさっぱりしたタイプのものを使っているのであれば、それもやめておきましょう。

保湿効果や保水効果の高い、いわゆるしっとりタイプの化粧水を使うようにするとよいでしょう。

アルコール入りのものは絶対に使わないようにします。

肌が乾燥してしまうと、お肌は水分蒸発を防ぐために皮脂を出し始めます。

そうなると、本当は肌の奥が乾燥しているインナードライが起こっているにも関わらず、肌に潤いを与える必要がないと思いこんでしまう人がとても多いです。

しかし、本当は肌の奥が乾燥していますので、保湿をしっかりしなければなりません。

しかし、肌に水分を与えることで潤いますが、それだけでは今度は皮脂の量が多くてべたついてしまい、化粧のノリも悪くなります。

化粧水でたっぷりと保湿を

肌の水分量を上げると同時に、皮脂の分泌量が減るようなケアをしなければなりません。

肌の状態を良くしてくれる基礎化粧品を選ぶことが、インナードライを本当の意味で改善するためには必要なのです。

また、インナードライは肌の奥が乾燥している状態ですので、肌の表面に潤いを与えるだけの基礎化粧品ではしっかりとした水分補給ができません。
浸透力の高い化粧水を選ぶことが大切です。

浸透力の化粧水を使うだけではなく、シートパックでケアするなど、化粧水が浸透しやすいように工夫することも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする