メイク崩れを防ぐには

メイク崩れを防ぐためには、使用するファンデーションを皮脂や汗に強いものに変えると良いでしょう。

ファンデーションには夏用と冬用があります。

夏には皮脂や汗の分泌が多くなるため、夏用のものは皮脂や汗に対して強くできており、化粧崩れしにくくなっています。

また、ファンデーションをつける前に下地を使う方法もあります。

下地の中には、皮脂の量を調節する働きのあるものがあり、皮脂を抑えることができるのです。

下地に限らずこのような働きを持つ美容液もありますので、ファンデーションを塗る前につけておくと、化粧崩れしにくくなります。

メイク崩れを起こすのは皮脂の過剰分泌が原因ですので、普段から皮脂の分泌量が増えないようなスキンケアをすることが大切です。

保湿がメイク崩れを防ぐ!

毎日の洗顔の後に水分をしっかりと補給することがポイントです。

肌が乾燥していると、余計に皮脂を分泌するようになってしまうのです。

肌は、乾燥していると感じると、水分不足を補ったり水分の蒸発を防ぐために皮脂を分泌する働きを持っています。

肌にとって保湿は重要ですが、夏場はベタつきが気になりますよね。

ですからオイリー肌用の、さっぱりしたタイプの基礎化粧品を
使うようにしましょう。

そして冬はしっかりと水分を補給するためにローションパックをすると良いでしょう。

とはいっても、メイク崩れを起こしやすいのはやはり夏です。

冬にも皮脂の量が多くメイク崩れを起こしてしまうこともありますが、メイク崩れのスキンケアは夏に重点的に行うことをおすすめします。

夏は気温が高くなるため、お肌の表面の温度が高くなります。

このお肌のほてりを抑えることによって、皮脂の分泌を抑えることができます。

お肌をひんやりと落ち着かせるためには、化粧水を冷蔵庫に入れておき、それを皮脂の分泌量が多いところにつけると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。