脂性肌の人のための洗顔方法

脂性肌(オイリー肌)で悩む方の多くは、日中のふとした時に鏡などで自分の顔を見ると、皮脂でてかりが出た状態になっているのではないでしょうか。

どんな肌体質の方でも、人間は皮脂を表面に出す働きがあり、また、皮脂はお肌の保護バリアとしても必要でです。

とは言っても、気がつくとテカっていたり 皮脂でのメイク崩れは、どうにかしたいですよね。

過剰に皮脂を取り去る洗顔方法やケアは、お肌から さらに皮脂を出してしまう原因になります。

これは、必要最低限な皮脂がなくなるとお肌が皮脂をさらに分泌する仕組みがあるからです。

心当たりのある方は 今日から洗顔方法を変えましょう。

脂性肌を改善する洗顔ケア

脂性でオイリー気味な肌の方に必要なのはお肌にとって過剰な皮脂や毛穴の汚れはしっかり取り除き、お肌に必要な水分をしっかり補給するスキンケアです。

脂性肌は、、普段の洗顔で抑える事が可能です。

逆に洗顔法を間違った方法で行っていると、お肌は、さらに脂性肌になってしまいます。

洗顔する際に、まずはお湯の加減を調節します。

四季を通じてぬるま湯を使って洗うようにします。

エコの為、顔を洗っている時はお湯を一旦止める方もいますが、洗顔は時間が経つと肌に洗顔剤を吸収し始めるので、洗顔の際はぬるま湯を常に一定に流しっぱなしにしましょう。

脂性肌の方は、「さっぱり」などの表示がされている洗顔剤を選びがちですが、皮脂を取りすぎるとかえって肌は皮脂を作り出そうとする働きをするので、敏感肌用の洗顔剤を使うなどの、肌に負担がかからないものを選びましょう。

洗顔剤をよく泡立てて、Tゾーンからやさしく素早く洗っていきましょう。

よくすすぎ終わったらすぐに化粧水をつけ、保湿をしっかりと行います。

脂性肌の方も、ライトな処方の乳液を使って 化粧水の保湿効果をキープさせましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。