脂性肌にぴったりの化粧水

脂性肌のケアに化粧水は欠かせません。

脂性肌の特徴は、お肌の皮脂の分泌量が多い点にあります。

しかし、皮脂をあまり多く取り去ってしまうとお肌が乾燥し、それによりお肌が乾燥から守ろうと、皮脂をより多く分泌するようになります。

ですから、脂性肌のケアで水分の補給はとても大切なのです。

しかし、いくら保湿が大切でも成分として オイルが入ったものは使わないようにします。

脂性肌にオイリーなものを使うことによって、お肌がべたべたするようになってしまいます。

脂性肌の方は、毛穴に皮脂が詰まりやすので、ニキビがよくできることがあります。

ニキビを防ぐためには、毛穴に詰まった皮脂を取り除くことが大切です。

そのような働きを持った化粧水がありますので、 是非使ってみると良いでしょう。

脂性肌向けの化粧水の選び方

脂性肌にぴったりの化粧水

ニキビ用の薬用化粧水は、お肌を清潔に保ってくれる上にべたつきを和らげてくれます。

このような化粧水は、手でつけるのではなくコットンでふき取るようにお肌につけます。

ただし、あまり強くこすってしまうとお肌が傷ついてしまい、お肌を外部の刺激から守ろうと余計にバリアとなる皮脂を分泌するようになります。

脂性肌には収れん化粧水もぴったりです。

収れん化粧水は、毛穴を引き締める効果があります。

ですから、皮脂の分泌量を抑えることができるのです。

とはいっても、あまりに刺激の強い化粧水は使用を控えるようにします。

化粧水は保湿のために重要ですが、乳液やクリームは 使うとしてもさっぱりタイプのにしておきましょう。

オイルの補給が多いとべたつきやニキビの原因となるばかりでなく、お肌が自らを守る機能が衰えてしまいます。

それによってお肌が老化してしまいます。

脂性肌だけれどかさつく箇所がある場合には、その箇所だけに乳液やクリームを塗るようにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。