Tゾーンのテカリを解消する洗顔方法

Tゾーンのテカリを解消する洗顔方法

Tゾーンにテカリが見られる場合には、洗顔方法を見直すことで解消することができます。

Tゾーンの皮脂の分泌が多いとテカってしまいます。

ですから、まずは刺激を絶対に与えないように洗うことを心がけます。

指や手の平でこすってはいけません。

お肌に刺激を与えると、表面にバリアを張ろうとするために皮脂の分泌量が多くなります。

Tゾーンは内から外に向けて、泡を転がすようにして優しく洗顔します。

Tゾーンは顔の中でも特に皮脂の量が多くなっていますので、この部分から洗顔を始めるようにします。

Tゾーンに角質が溜まっていると、にきびができやすくなってしまいます。

最初にこの部分から洗うことによって、角質が激減します。

泡をしっかりとたててなじませるようにすることで、汚れが泡に混じり落とされるのです。

Tゾーンのための洗顔料の選び方

Tゾーンにとっては、洗顔方法とともに洗顔料選びも大切なポイントとなります。

あまりに皮脂が多いのが気になるために、皮脂を過剰に落としてしまうような洗顔料を選ぶと、余計に皮脂の分泌を促すことになります。

ですから、過剰に皮脂を落としてしまう合成界面活性剤、香料、着色料、添加物を一切使用していない洗顔料を選ぶようにします。

また、刺激を与えず泡で洗顔するのがTゾーンにとって良いのですから、泡立ちが良い洗顔石鹸を選びましょう。

あまりにTゾーンの皮脂が気になるときには、洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗顔をするというのも一つの方法です。

特に乾燥肌だけれどtゾーンのテカリが気になる方におすすめの方法です。

洗顔料や石鹸を使わないことで、必要な皮脂を落とすことなく汚れだけを落とすことができます。

これで余計なお肌のトラブルを防ぐことができるのです。

乾燥肌の場合でぬるま湯だけで洗顔し、どうしてもtゾーンの皮脂の残りが気になるのであれば、Tゾーンだけ洗顔料を使うというのも良いでしょう。

コメントの入力は終了しました。