美白に効果のあるビタミンC

美白に効果がある成分として、ビタミンCがあります。

ビタミンCはレモンやいちごなどの果物や、多くの野菜などから摂取することができる栄養素です。

最近では、美白化粧品や美白サプリにも、ビタミンCが配合されています。

ビタミンCは美白に効果があるだけではなく、健康効果も認められています。

風邪の防止でよくミカンを食べるのは、ビタミンCが多く含まれているからです。

また、ビタミンCには抗酸化作用があります。

ですから医薬品に使われたり、食品などの酸化防止剤としても使われることがあります。

ビタミンCをたくさん含んでいる野菜や果物を積極的に摂ることで美白につながります。

しかし、いくらビタミンCをたくさん含んでいるからといって、レモンなどを直接お肌につけてパックをしたり、化粧水としてレモン汁を使うというのは反対にシミを増やしてしまいます。

ビタミンCはお肌の表面からは、なかなか吸収することができないのです。

そして、レモンの中にはシミを増やしてしまう成分も含まれています。

注意しましょう。

ビタミンCを肌から吸収

ビタミンCはお肌の表面から吸収しにくいのに、多くの美白化粧品にはビタミンCが含まれています。

ビタミンCにもいろいろ種類があるのですが、多くの基礎化粧品に含まれている成分でビタミンC誘導体というものがあり、これが美白に深い関係があります。

ビタミンC誘導体は、お肌でコラーゲンを作り出すのですが、それと同時に新陳代謝を高めることができます。

つまり、お肌の表面にある角質がはがれやすくなり、シミの原因となるメラニン色素がお肌の表面にできることを防ぐことができます。

こういった働きでシミができにくくなり、今あるシミも薄くなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。