ほくろの原因

ほくろができる原因の一つとして、紫外線があります。

紫外線に当たることによって、肌の中でメラニン色素が作られます。

これはもともとは細胞を紫外線から守るためにできるものですが、シミやほくろの原因となってしまいます。

細胞に異常がなければ、ただの日焼けとなるのですが、なんらかの異常により色素が一箇所に多く集まり過ぎることによってほくろとなってしまいます。

紫外線にわずかな時間当たっただけでもほくろになることがありますので、注意が必要です。
特に春や夏の紫外線の強いシーズンには、日焼け対策を行うことが大切です。
それによって、ほくろを防止することができるからです。

その他にもほくろの原因となる要素はありますが、実は原因が全て明らかになっているというわけではありません。

遺伝でほくろになる場合も

生まれつきほくろがある場合もあります。

遺伝によりほくろができやすい体質というものがあります。

親がほくろが多いと、子供もほくろができやすい体質となります。

こればかりは遺伝ですので防止のしようがありません。

生まれたときからほくろがある場合と、ほくろのできやすい遺伝子を持っているために思春期ごろまでだんだんほくろが増えていく場合があります。

その他にも、化学薬品や化粧品が肌につくことによってほくろができる場合があります。
また、怪我の跡がそのままほくろになってしまうこともあります。

体の一部を圧迫することによってほくろができることもあります。

靴や下着がきつすぎると、その部分にメラニン色素が多く作られてしまい
ほくろになる場合があります。

精神的なストレスもほくろの原因になることがあります。
ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れてしまい、それが原因でほくろができる場合があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする