ほくろの除去をするには

目立つほくろはどうしても気になってしまいますよね。

ほくろがあるかないかで、顔の印象は大きく異なります。

体のほくろはあまり気にならなくても、顔のほくろは悩みの種となることもありますね。

ほくろは、メラニン色素が集まってできたものですから、しみと同様にさまざまな方法によって除去することができます。

例えば、レーザーを当てたり、クリームを塗るという方法があります。

その他にも外科的な手術などでもほくろを取ることができます。

この中でも最も一般的な方法は、レーザーを使う方法です。

レーザーをほくろに当てると、それだけでほくろが消えてなくなります。

炭酸ガスレーザーと呼ばれるレーザーを使うのですが、ほくろの中の細胞が持つ水分を蒸発させる働きがあるために、ほくろが消えてなくなるのです。

その他にも、肌の黒い色素に反応するレーザーを当てる方法もあります。
これは脱毛やシミの除去治療にも使われているレーザーで 同じように、ほくろの色に反応します。

ほくろの除去は、専門知識のある医療機関で

ほくろを除去することができるのは、形成外科、皮膚科、美容外科です。

このような医療機関には、ほくろを除去することに関して専門的な知識を持った医師がいますので、どんな方法でほくろを除去するのかということをカウンセリングで決めていきます。

顔だけではなく、体のほくろももちろん除去することができます。

ほくろも、場合によっては悪性のものもありますので、それも医師によって判断してもらうことができます。

ほくろの除去は、クリニックによっては保険を適用させていることがあります。

ほくろを除去するクリニックは、アフターケアで定評のあるところを選ぶようにしましょう。

何か後から異常が起こっても、安心して相談することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。