ほくろをレーザーで除去する

ほくろを除去するには、レーザーを当てたりする方法があります。

ほくろの除去には、多くの場合炭酸ガスレーザーと呼ばれるものが使用されます。
これをほくろにあてることによって、一瞬にしてほくろがなくなります。

だからといって、跡が残るわけではありません。

しばらくはピンク色になっていますが、やがて目立たなくなります。

かさぶたになることもありません。

後から肌を見ても、その場所にほくろがあったとはわからないほどきれいになります。

まずはクリニックでじっくり相談を

炭酸ガスレーザーはほとんどのほくろを消すことができます。

ただし、ほくろのサイズが大きいと、1回で消すのは難しい場合があります。

このようなケースでは、2回にわたってレーザーを当てる必要があります

炭酸ガスレーザーをほくろに当てても、痛みを感じることはありません。

しかも、値段もそれほど高価ではなく、保険が適用されるクリニックですと数千円で施術を受けることができます。

短時間で終わりますし、施術を受けてからすぐに化粧や洗顔が可能ですので、手軽に受けることができます。

クリニックによって除去の仕方やサービス内容が異なりますので、いろいろと比較して選ぶと良いでしょう。

実際に施術を受けた人の口コミも参考になります。
注意しなければならないのは、どのような種類のレーザーを使うか、という点です。
いくつかのレーザーの長所を生かすために、複数のレーザーを組み合わせた施術を行っているクリニックもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。