ほくろを予防するには

ほくろを予防するには、なるべく紫外線を浴びないようにすることが大切です。

ほくろは、紫外線に当たることによって作られるメラニン色素が集まって
黒く見えるようになったものです。
特に春先や夏など、紫外線の強い季節にはほくろができやすくなります。

外出するときには日焼け止めクリームを顔だけではなく、ほくろができて欲しくないと思う箇所にも塗るようにします。

意外と忘れやすいのは首や耳の周辺です。

日焼け止めは、しっかりと紫外線をカットすることができるものを選ぶようにします。

日焼け止めには、PAやSPF値というものが示されています。

この値が高ければ高いほど、紫外線をしっかりとカットすることができます。

日焼け止めクリーム以外にも、紫外線をカットする働きのある化粧水や
乳液などの基礎化粧品が市販されています。

このようなものを使用することでも、ほくろを予防できます。

日焼けを防いでホクロも予防

また、外出するときにはUVカット機能のある洋服や濃い目の色合いの服を選びましょう。

黒などの濃い色の洋服は、紫外線が肌に当たることを防ぐことができます。

また、帽子や日傘などのおなじみのグッズもほくろの予防につながります。

最近はデザイン性にも優れた日傘や帽子が市販されていますので、いろいろな種類のものを揃えて、おしゃれを楽しみながら紫外線防止をすると良いでしょう。

目元にも紫外線が当たるとほくろができてしまいます。
サングラスをかけて外出することで、目元のほくろの予防ができます。

目の周りに日焼け止めクリームを塗るのちょっと避けたいですよね。

ですから、UVカット効果のあるサングラスを着用します。

紫外線は、季節や天候に関係なく常に地上に降り注いでいます。

ほくろを予防するためには、四季を通じて紫外線や直射日光を浴びないように工夫する必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。