くすみの原因

くすみの原因として、紫外線が挙げられます。

顔が浴びた紫外線が日焼けのような黒ずみをつくり、全体的に茶色ぽく見せてしまいます。

紫外線にはB波という種類があります。

これが肌の表皮にメラニンと呼ばれる色素を生成します。

これがくすみとなって茶色に見えてしまうのです。

また、紫外線は皮膚にある細胞の遺伝子を破壊したり、酸化する働きを持っています。

細胞が酸化されるということは、肌を錆付かせてしまうということになります。

これも顔色を悪く見せる原因となります。

皮膚の細胞が破壊されることにより、肌の代謝が衰えてしまいます。

そうなるといつまでも古い角質が肌の表面に残ってしまうため、 くすみとなってしまいます。

さまざまな くすみの原因

くすみの原因として、血行不良が挙げられます。

血液やリンパの働きとして、肌にある細胞に栄養や 酸素を運ぶということがあります。

しかし、血行が悪くなると十分な栄養や酸素が肌の細胞に送られなくなるため、新陳代謝が悪化します。

肌はおよそ1ヶ月周期で新しい細胞が作られ、古い細胞がはがれるというサイクルを繰り返していますが、新陳代謝が悪くなることによって、いつまでも角質と呼ばれる古い細胞が肌に残った状態となります。

それによって顔色が悪く見えてしまうのです。

新陳代謝が悪くなる原因は、血行不良以外にもさまざまな要因が考えられます。

例えば、栄養バランスの崩れ、ストレスや睡眠不足、メイクの洗い残しなどです。

肌のくすみの原因には加齢や疲労があります。

顔色を良く見せているのは、血液の中にあるヘモグロビンという色素です。

年齢を重ねると血管が収縮してしまうために 流れる血液の量も減ってしまいます。

その結果、顔色が悪く見えることがあります。

また、疲労が溜まっていると血液の中のヘモグロビンの数が減ります。
これも顔がくすんで見える原因となるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。